夢たね with 明倫文化祭 2日目

2010年11月14日(日)

1114-3.jpg1114-1.jpg昨日の続いての京都芸術センター「明倫文化祭」。ワークショップとサポーターズ・ディ。ワークショップでは天井が低いにも関わらず、"飛光"実験も行っています。これが出来るもの、過去の経験から様々な投球(投種?)フォームが開発されてのこと。オーバースローでもアンダースローでも投げられるようになったので。サポーターズ・ディの方は、今日もがっつり。みんなの力を終結して、2日間で予定分の1,500個近くを組み立てました。そして、今日は、遠路、金沢チームが参加。金沢21世紀美術館等でワークショップして作成した「夢のたね」219個を持ってきてくれました。感謝。(藤井)

updated on 2010.11.14, 23:07by 夢たねスタッフ

夢たね with 明倫文化祭 1日目

2010年11月13日(土)

1113-1.jpg1113-2.jpgほとんど「夢のたね 2010 osaka」のサテライトと化した京都芸術センター。週末の「明倫文化祭」に併せて、ワークショップとサポーターズ・ディの複合形を実施しています。これは、かつて、この施設が明倫小学校と呼ばれていた時代からの校区のお祭りだそうで。ワークショップには芸術センターのボランティアの方々などご参加いただいて、のんびりとした雰囲気で開催。他方のサポーターズ・ディの「たねづくり」。相当のストックをつくっていたのだが、流石に手薄になってしまったようで。久しぶりにノルマの厳しさを感じながらの組み立て作業です。明日もやるよー。(藤井)

updated on 2010.11.13, 23:57by 夢たねスタッフ

ワークショップ@大阪市立大学医学部附属病院・3回目

2010年11月11日(木)
2010年11月9日(火)10:00〜13:00

20101109_103.jpg20101109_101.jpg午前の2時間、大阪市立大学医学部附属病院・小児科の外待合にてワークショップを開催しました。診察を待つ間に夢を描いてもらいます。小さい子どもが多かったので、お父さん・お母さんと一緒に、ひとつの「夢のたね」を完成させることも。終了後は突撃的に昼休み中の「薬剤部」と「病理部」の職員のみなさまにもご参加いただいて。突然のお願いにも関わらず。ご協力ありがとうございました。(藤井)

20101109_104.jpg大阪市立大学医学部附属病院では、9/28(火)一般病棟を対象として18階会議室にて、10/19(火)にはこども病棟にて、入院患者さんとその家族向けに、そして今回の小児科・外待合と3回のワークショップを開催させていただきました。
また、患者さんと一緒に夢を飛ばしてくれる職員の方々がたくさんいることもとてもうれしいことです〜。
ワークショップ実現に向けての調整とご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。(小林)


※大阪市立大学 医学部附属病院アートプロジェクトのブログに、《夢のたね》ワークショップを詳しく載せていただいてます。
http://artproject-medosaka-cuac.blogspot.com/

updated on 2010.11.11, 12:52by 夢たねスタッフ: oryusan

お任せワークショップ RETURNS

2010年11月 8日(月)

1108-3.jpg1108-4.jpgわれわれが「お任せワークショップ」と呼んでいる、サポーターが来訪せずに夢を書いてもらう形式があります。「祝祭イベント」まで残り1ヶ月を切って、書かれた夢が続々と戻ってきています。上の写真は、豊中市立西丘小学校の保護者の方々。ほとんどのご家庭で「夢のたね」をつくっていただきました。ありがとうございます。下の写真は福井県あわら市の「たねの会」。2005年に「夢のたね 2005 あらわ」を行ったチームが、金津創作の森のクラフトマーケット会場で来場者に呼びかけて作成した「夢のたね」(おみやげ付)です。色々な人の力によって、「夢のたね」は広がっていきます。(藤井)

updated on 2010.11.08, 14:02by 夢たねスタッフ

ワークショップ@豊中市立千里新田幼稚園

2010年11月 8日(月)

1108-1.jpg1108-2.jpg今日は朝一番から豊中の千里新田幼稚園(4歳児・5歳児)でワークショップ。今回の大阪プロジェクトでは最初で最後の幼稚園訪問です。みんなお行儀よく説明を聞いてくれた後に作業を開始。聞いてみると、ほぼ全員が万博公園に行ったことがあるとは。これは頼もしい。夢を書いてから、好きな色のLEDを添付して、12月4日に夢が降り注ぐ様子をみんなでイメージしました。小学校とは違う、独特のノリで行われたワークショップ。楽しかったですよ。みんな、ありがとう。(藤井)

updated on 2010.11.08, 13:59by 夢たねスタッフ

ワークショップ@キッズプラザ大阪

2010年11月 7日(日)

1107-1.jpg1107-2.jpgキッズプラザ大阪でのワークショップは7月3日・4日に続いて3回目。相変わらず、この場所は勢いがある。夕方までずっと満席で、最終的には285個が完成しました。今回の会場の設えは、土足禁止でカーペットに地べり。事務机より断然雰囲気が良いでしょ。そして、今回は国際生物多様性年関連企画として「光のアーティスト 高橋匡太さんと遊ぼう!」も開催。「宝探し」ならぬ「夢探し」で、他の人に自分の夢を見つけてもらいます。自分と同じ夢を持つ人がいること、自分とは違う夢を持つ人がいること。夢を"交換"する意味を体験してもらいました。(藤井)

updated on 2010.11.07, 20:55by 夢たねスタッフ

豊中市立原田小学校・わくわく土曜日

2010年11月 6日(土)

NEW0003.jpgNEW0004.jpgNEW0001.jpg
豊中市立原田小学校・わくわく土曜日。
土曜日の午前中に行う、月に一度の楽しい催し。グランドゴルフやカーリング、クリスマスリースをつくるなどわくわくするプログラムがたくさんあります。
その中に夢たねもワークショップを開きました。
当初はゆっくりとやっていたのですが、終盤は子供たちがどっと押しかけてて大騒ぎ。
とにかく子供は走ります。飛びます。
夢たねを持って帰ると言い張った子供たちもたくさんいました。大事に預かって必ず飛ばすからね、12月4日は見に来てね。(近藤)

updated on 2010.11.06, 16:57by 夢たねスタッフ

夢たねバールで大人も夢を

2010年11月 5日(金)

今日は「大人の夢たね」ということで御堂筋にあるバー「ディンギー」さんで夢たねバールをひらきました。さすが御堂筋、多くのビジネスマン通ります。その傍らで夢を描いてもらいました。NEW0001_2.jpgNEW0002.jpg最後はみんなで飛行実験。夢を描く人もサポーターも飲みながらのじっくりと夢について語らう場となりました。なかなか夢を語る機会もないですからね。(近藤)

updated on 2010.11.05, 23:43by 夢たねスタッフ

夢たねバール4:in 御堂筋2

11月5日(金)18:30〜21:30

オーストラリアからの来訪者

「夢のたね」は、実に様々な人を偶然出会わせてくれる。今回の街中でのワークショップでは、実に様々な方が立ち寄ってくださったが、その中の一人がオーストラリアから来阪された方。

何してんの?から始まって、メンバーが対応していたらちょうどオーストラリアから帰ってきたという女性が立ち寄ってくださり臨時通訳に。夢のたねを描いて行くのでどれか一つもって帰りたいとのこと。で、どうするんですか?と問うと、12/4に持ってかえった「夢たね」を一人で降らすという。

え、「一人夢たね?」2006年にメルボルンで行なったご縁もあるし、せっかくのお申し出でもあるので私の夢たねを差し上げることに。オモシロいですねぇ。こんなことが起こるとは。同じ日に地球の反対側で夢たねが一つ舞っているのを想像するのは。

はしもと

updated on 2010.11.05, 16:53by 夢たねスタッフ

夢たねバール4:in 御堂筋1

11月5日(金)18:30〜21:30

1105-3.jpg1105-1.jpg昨日、「夢たねバール.4」を御堂筋のレストランバーのテラスで行ないました。ウリはサポーター有志が制作してくれた「夢のおすそわけ」(夢たねの描かれた夢の一部公開:勿論了解をえているもの)&「ワークショップ風景」のショートムービー公開。全部で5本.いづれもなかなかの傑作でしたよ。

もう一つは、プロジェクトオリジナルのイスとテーブル&夢たねを使ったプロジェクト広報。これは持ち運び可能な折りたたみ式のもの。既に各地のワークショップで使用していますが、とても評判よし。どこで売ってるの?とのお尋ねも多々。これもメンバー制作のもの。いづれもプロジェクトのプロセスで自発的にこうした活動が生まれたのはとても嬉しい。

さて、ビジネス街で関心を持ってもらえるかなと少しヒヤヒヤしながらスタートしたのが心配無用に。会社帰りのOLやビジネスマンが結構立ち寄っていただき夢を描いていただけました。「大人だって伝えたい夢がある」。

並行して開催された「御堂筋まちづくりネットワーく」の方々のトークサロンでも匡太さんのお話+夢たねづくりが行なわれたあと、御堂筋の歩道で飛行実験に。子どもに帰ったように何度も何度も飛ばして遊んでいただきました。「ビジネス街ももっと楽しくしなくちゃね」と参加くださった方のコメント。こんな体験ができてとってもよかったとのエールにうるうるきました。
はしもと

updated on 2010.11.05, 16:44by 夢たねスタッフ
PAGE TOP