夢のたねプロジェクトについて 
「ねえ、君の夢はなに?」

プロジェクト概要
About dream seed project

「ねえ、君の夢はなに?」

2010年12月4日の夜、
一人ひとりの夢が光の「たね」となって
万博公園の空から舞い降ります。

《夢のたね2010》が大阪ではじまります。
《夢のたね》とは、たねのカタチをした紙に、一人ひとりが自分の夢を描いてから、小さなライトを付けたものです。そして、集まったみんなの夢を、気球に乗せて、12月4日(土) の祝祭で、夜の空から降らせます。

降ってきた『たね』は、みんなにひとつずつ、誰かの夢をもって帰ってもらいます。それが《夢のたねプロジェクト》です。

夢のたね2010 osaka 
開催主旨

プロジェクト概要
dream seed 2010 osaka

開催主旨

《夢のたね2010 osaka》は、
40年の時をつなぐ夢のプラットフォーム。

今から40年前の1970年、大阪万国博覧会が開催されました。
「人類の進歩と調和」をうたう万国博覧会は、未来への夢と希望を象徴し、誰もが明るい未来への夢を描いていました。誰もがこれからこの国で起こることに期待し、夢や希望を持って、未来をワクワクした気持ちで想像していた時代です。

それから40年の時が過ぎ、当時と比べれば、生活は豊かに、そして便利になり、私たちは満たされた社会で生きています。しかし、"心の豊かさ"という面ではどうでしょうか。あらゆることが常識や均一化された価値基準の縛りを受け、それぞれが未来を想像することも、自由に夢を語ることにも、何かブレーキがかかっているように感じます。

そもそも、この時代に夢を持つことが難しいのでしょうか。

アーティストメッセージ 
高橋匡太からみなさんへ

プロジェクト概要
Message from Takahashi Kyota

高橋匡太あなたの大切な人に「君の夢はなに?」と聞いてみてください。
すぐに答えは返ってこないかもしれません。

夢を考えるときには大人も子供も自分に真剣に向き合っているからなのです。希望や夢を持つ事がむずかしい時代にあって、それはとても大切なことです。

《夢のたねプロジェクト》はそんな思いから始まりました。

夜空から舞いおりる誰かの思いが託された「夢のたね」をあなたの手で受け取り、想像してほしいのです。
そのひとつの夢には、ひとりの生命があり、大切な気持ちがあって、ささやかな暮らしがあることを。

高橋匡太 www.kyota.jp

The Sponsor & Cooperations 
主催・協力

プロジェクト概要

【主 催】


公式 Twitter
「夢のたね2010 OSAKA」プロジェクトチーム
 事務局本部:一般社団法人文化農場(代表:橋本敏子・HP
 〒540-0031 大阪府大阪市中央区北浜東1-33 広家ビルGoogleMap
 Tel: 06-6937-2127 Fax: 06-6937-2122

PAGE TOP