ワークショップ@大阪市立大学医学部附属病院

2010年9月28日(火)

100928_大阪市立病院_042.JPG100928_大阪市立病院_026.JPGのサムネール画像今日は、大阪・天王寺にある大阪市立大学医学部附属病院でワークショップ。会場は、大阪市内一円が眺められる18階の会議室。そこから見える街は建物が大きいものから小さいものまでひしめきあっています。「大阪ってこんなに大きな街なんだな」と改めて感じました。この大きな大阪で目指すは20000人の《夢》を集めること。今日は、どんな夢に会えるでしょうか。
光のよく入る気持ちのいい会場で、サポーターと患者さんがマンツーマンで話をしながら《夢のたね》を作ってもらいます。「字も普段書かへんから難しいなー」と話していたおばあちゃんも、温かい気持ちになるような夢を一字一字丁寧に書いてくれました。みなさん真剣な夢を預けてくれています。また、《夢のたね》を受け取る誰かのことを思いながら色とりどりな仕上げに。もらったらきっと嬉しい《夢のたね》ばかりです。病院の先生、看護士さん、職員のみなさんも忙しい仕事の合間に《夢のたね》を作ってくれました。なんと副院長先生まで!みなさんの協力をいただき、やさしい時間の流れるワークショップになりました。ありがとうございました。(川口)

updated on 2010.09.28, 16:22by 夢たねスタッフ
PAGE TOP