夜空から舞い降りる誰かの夢があなたの手に

《夢のたね》は、美術家・高橋匡太によるアートプロジェクトです。
たねのかたちをした紙に、一人ひとりが自分の夢を描き、
小さなライトを取り付けます。

描かれたみんなの《夢のたね》を預かり、
約束の日に気球にのせて空から降らせます。
空から舞い降りた《夢のたね》は、
ひとつづつみんなの手に届けます。

夢をたくし、夢を受け取る。
《夢のたね》は、夢と夢を交換するプロジェクトです。

《夢のたね》ができるまで

  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。
  • ① 《夢のたね》に夢を描く。

① 《夢のたね》に夢を描く。

たねの形をした《夢のたね》の用紙に夢を描きます。一人ひとりが夢に向き合う大切な時間です。描いてもらった《夢のたね》は約束の日まで大切に預かります。

  • ② 《夢のたね》を空からまく
  • ② 《夢のたね》を空からまく
  • ② 《夢のたね》を空からまく
  • ② 《夢のたね》を空からまく
  • ② 《夢のたね》を空からまく
  • ② 《夢のたね》を空からまく
  • ② 《夢のたね》を空からまく

② 《夢のたね》を空からまく

預かった《夢のたね》を気球にのせて、約束の日に夜空から降らせます。キラキラ舞い降りる情景も、みんなで作る一つの夢です。

  • ③ 夢を交換する
  • ③ 夢を交換する
  • ③ 夢を交換する
  • ③ 夢を交換する
  • ③ 夢を交換する
  • ③ 夢を交換する

③ 夢を交換する

夜空から舞い降りた誰かの《夢のたね》が、あなたの手に届きます。あなたの夢もまただれかの手に届いていることでししょう。

アーティストからのメッセージ

あなたの大切な人に「君の夢はなに?」と聞いてみてください。
すぐに答えは返ってこないかもしれません。

夢を考えるときには大人も子供も自分に真剣に向き合っているからなのです。
希望や夢を持つ事がむずかしい時代にあって、それはとても大切なことです。

《夢のたね》はそんな思いから始まりました。

夜空から舞いおりる誰かの思いが託された《夢のたね》を
あなたの手で受け取り、想像してほしいのです。

そのひとつの夢には、ひとりの生命があり、
大切な気持ちがあって、ささやかな暮らしがあることを。

  • 髙橋匡太   Kyota Takahashi
  • 髙橋匡太Kyota Takahashi

    1970年京都生まれ。
    1995年京都市芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。
    光や映像によるパブリックプロジェクション、インスタレーション、パフォーマンス公演など幅広く国内外で活動を行っている。東京駅100周年記念ライトアップ、京都・二条城、十和田市現代美術館、など大規模な建築物のライティングプロジェクトは、ダイナミックで造形的な映像と光の作品を創り出す。多くの人とともに作る「夢のたねプロジェクト」、「ひかりの実」、「ひかりの花畑」、「Glow with City Project」など大規模な参加型アートプロジェクトも数多く手がけている。

開催会場